2010/07/23

ムーンライト・ドライブ

6月のとある日曜深夜 玉川インター
今宵の第三京浜ハイウェイは月まで続いている
カーステレオからのBGMは
大音量のマンボ

ペレス・プラードはシンコペーションで
多摩川を軽々と飛び越え
叩きつけるピアノの不協和音は
一瞬ごとに世界の秩序を打ち壊し続ける



八分音符を満載した銀色のトラックが
追い越し斜線を滑りぬけていく
鼻歌のディーゼルエンジンが
黒煙を吐きながら音速を超えて行く



左手には身長99メートルの
巨大なブラジル人が1人
競技場の縁に腰をおろして
ボサノバを歌いながら
世界は狭すぎると嘆いている



そして俺の70年式スバルは
後少しで静かの海にたどり着くかと思われたが
ガス欠のためやむなく
保土ヶ谷インターで途中下車 
こちら側の我が家にたどり着いた

2003.7.20